【最新コラム一覧】サッカー日本代表・欧州サッカー・有名コラムのまとめ

速報ニュース

サッカー日本代表コラム・欧州サッカーコラム・有名サッカーコラム(金子達仁/杉山茂樹/湯浅健二/後藤健生/宇都宮徹壱/セルジオ越後/熱血秋田塾)を、1時間毎に最新のコラム情報をお届けします。

スポンサーリンク

サッカー人気コラム ランキング

1位:金子達仁コラム

神奈川県横浜市出身。法政大学第二高等学校を経て、法政大学社会学部卒業。

大学卒業後、当時『サッカーダイジェスト』の編集者だった富樫洋一の誘いで日本スポーツ企画出版社に入社、『スマッシュ』、『サッカーダイジェスト』の編集者を経て1995年にフリーになる。その後スペイン・バルセロナに移住。

1997年、サッカー・アトランタオリンピック代表を取材し、『Sports Graphic Number』誌に掲載された『叫び』『断層』(後に大幅な加筆修正のうえ『28年目のハーフタイム』として上梓)でミズノスポーツライター賞受賞。サッカーを中心にノンフィクション作品を手がける。

代表作にJ1参入決定予備戦・アビスパ福岡vs川崎フロンターレ戦(1998年11月19日)のルポルタージュ『神を見た夜』(のち『バックパスの行方』と改題、改筆し『魂の叫び J2聖戦記』に収録)や、1999年のJ2最終節を扱った『秋天の陽炎』など。

またスカパー!などでサッカー解説者も務めるが、肩書きは「解説」ではなく「ゲスト」となっている(ただし、ニッポン放送のみ元々「解説」ではなく「サッカーコメンテーター」という肩書きを採用しているため、この肩書きがそのまま使用される)。

参照元:金子達仁│Wikipedia

【コラム】金子達仁│スポニチ・アネックス

【コラム】金子達仁 ― スポニチ Sponichi Annex サッカー
3年後のW杯優勝 可能性感じた前半45分
スポンサーリンク

2位:杉山茂樹コラム

神奈川県横浜市出身。法政大学第二高等学校を経て、法政大学社会学部卒業。

大学卒業後、当時『サッカーダイジェスト』の編集者だった富樫洋一の誘いで日本スポーツ企画出版社に入社、『スマッシュ』、『サッカーダイジェスト』の編集者を経て1995年にフリーになる。その後スペイン・バルセロナに移住。

1997年、サッカー・アトランタオリンピック代表を取材し、『Sports Graphic Number』誌に掲載された『叫び』『断層』(後に大幅な加筆修正のうえ『28年目のハーフタイム』として上梓)でミズノスポーツライター賞受賞。

サッカーを中心にノンフィクション作品を手がける。

代表作にJ1参入決定予備戦・アビスパ福岡vs川崎フロンターレ戦(1998年11月19日)のルポルタージュ『神を見た夜』(のち『バックパスの行方』と改題、改筆し『魂の叫び J2聖戦記』に収録)や、1999年のJ2最終節を扱った『秋天の陽炎』など。

またスカパー!などでサッカー解説者も務めるが、肩書きは「解説」ではなく「ゲスト」となっている(ただし、ニッポン放送のみ元々「解説」ではなく「サッカーコメンテーター」という肩書きを採用しているため、この肩書きがそのまま使用される)。

参照元:杉山茂樹│Wikipedia

杉山茂樹のBLOGマガジン

杉山茂樹のBLOGマガジン - ライブドアブログ
サッカー番長こと、スポーツライター杉山茂樹のブログ。
スポンサーリンク

3位:湯浅健二コラム

武蔵工業大学卒業後、1976年に西ドイツ(当時)のケルン体育大学へ留学。1977年にドイツサッカー協会公認指導者資格「B級ライセンス」、1979年に同「A級ライセンス」取得。1981年に「スペシャルライセンス(プロサッカーコーチライセンス)」を取得し同大学の専門課程修了。

1982年に読売クラブ(現東京ヴェルディ)の専属コーチに就任。1983年からはドイツ人のルディ・グーテンドルフ監督の下でトップチームのコーチを務めた。

サッカージャーナリストとして著書多数。Jリーグでは、浦和レッズを中心に、関東のチームについて言及を行うことが多い。

参照元:湯浅健二│Wikipedia

  • ブッフバルトがもたらした勇気。

    [超攻撃的サッカーのススメ]ブッフバルトがもたらした勇気。湯浅健二=文text by Kenji Yuasa  「前にスペースがあるのに仕掛けていかないのは、どう考えても不自然だ。リスクを負わな

湯浅健二のサッカーホームページ

トピックス
スポンサーリンク

4位:後藤健生コラム

日本のサッカージャーナリストの先駆者の一人である。

1964年に東京オリンピックのハンガリー五輪代表対モロッコ五輪代表で初めてサッカーを観戦して以来、現在まで観戦した試合は5,000試合以上を数えている。また1974年のワールドカップ・西ドイツ大会以降、ワールドカップやUEFA欧州選手権などの主要国際大会を現地で取材を続けた。『国立競技場の100年 明治神宮外苑から見る日本の近代スポーツ』で2013年度ミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞している。

学生時代は日本最古のクイズサークル「ホノルルクラブ」に所属する有名なクイズマニアでもあった(初めて海外サッカーの試合を観戦したのも、1972年に優勝した「クイズグランプリ」(フジテレビ)の優勝賞品である欧州旅行で欧州を訪れた際のものである)。

Jリーグや高校サッカー、欧州CLも生観戦して取材・執筆活動を続けている。後藤も政治学博士というサッカージャーナリストとしては異色の経歴を持ち、国際関係論や政治的視点を用いた独特の切り口からのサッカー史、サッカー文化考察も行っている。

基本的にコラムでは試合経過の著述、著作では日本や世界のサッカーの歴史や社会背景についての記述が多く、ほぼ独力での取材でまとめた『日本サッカー史・日本代表の90年』は、過去のサッカー記録集として数年に一度改訂された。ただし、一方で戦術理論については深く言及することは少ない。また、近年はコラムや出演番組中での発言[1][2]が問題になったこともあった。

参照元:後藤健生│Wikipedia

    Feed has no items.
    Feed has no items.

後藤健生コラム│サッカーダイジェストWeb

後藤健生 | サッカーダイジェストWeb
サッカーダイジェスト、ワールドサッカーダ...

後藤健生コラム│スポーツナビ

後藤健生 - スポーツナビ
スポーツ総合サイト、スポーツナビのコラム一覧。野球、サッカー、競馬をはじめ、スポーツ全般を執筆している後藤健生のプロフィールや一覧を掲載しています。
スポンサーリンク

5位:宇都宮徹壱コラム

大学院修了後、映像制作会社を経て、1997年から写真家・ノンフィクションライターとしての活動を開始。当初、旧ユーゴスラビア諸国等の旧社会主義国のサッカー事情について精力的に取材活動を行う。ワールドカップについては、1998年から取材を行っているが、スポーツ・ポータルサイトスポーツナビの特派員となった2002年以降、取材活動を本格化。

なお、ワールドカップにおけるスポーツナビとの連携は2006年、2010年も継続。

2009年、ヨーロッパ各地のサッカー事情を取材した著書『フットボールの犬』が第20回ミズノスポーツライター賞の最優秀賞を受賞。

現在は、東欧を始めとするヨーロッパだけでなく、JFLや地域リーグなども取材対象としている。自称マスコット評論家。

参照元:宇都宮徹壱│Wikipedia

宇都宮徹壱コラム│スポーツナビ コラム

宇都宮徹壱 - スポーツナビ
スポーツ総合サイト、スポーツナビのコラム一覧。野球、サッカー、競馬をはじめ、スポーツ全般を執筆している宇都宮徹壱のプロフィールや一覧を掲載しています。

宇都宮徹壱コラム│サッカーダイジェストWeb

宇都宮徹壱 | サッカーダイジェストWeb
サッカーダイジェスト、ワールドサッカーダ...
スポンサーリンク

人気解説者コラム

セルジオ越後「ちゃんとサッカーしなさい」

  • 勝つのが当たり前 2点だけは寂しい/セルジオ越後

    いい時間帯に2点取ったけど、その後はペナルティーエリア内で粘りとスピードのある相手の守りにてこずってしまった。 決定力不足というより、それ以前に攻撃のバリエーション不足だ。オーソドックスにサイドに展開してクロスを上げる形ばかりではね…。…

  • 堂安が久保より上と言わざるを得ない/セルジオ越後

    あと2、3点は取れた試合、堂安と久保は1点ずつ決めるべき試合だったんじゃないかな。 周囲はもちろん久保本人も最年少ゴールは意識していたはずだ。シュートにも相手を抜くことにも積極的で、そこはよかった。ただ、後半から出た久保は最初からイケイ…

  • 五輪が心配、森保監督の選考ブレてる/セルジオ越後

    日本サッカー協会は30日、キリンチャレンジカップのパラグアイ戦、ワールドカップ(W杯)アジア2次予選兼アジア杯予選のミャンマー戦に臨む日本代表メンバーを発表した。    ◇   ◇   ◇ 手堅いメンバー選考のように映るが、その中に森保…

  • アジア2次予選強化面では「地獄組」/セルジオ越後

    22年ワールドカップ(W杯)カタール大会に向けたアジア2次予選の組み合わせが決まった。 日本はFIFAランク95位のキルギスをはじめ、同100位以下のタジキスタン、ミャンマー、モンゴルと同じF組だ。「天国組」とも言われているが、果たして…

  • 神戸はサポ裏切った、監督は誰なのか/セルジオ越後

    J1も後半戦に入り、優勝争いも残留争いもこの夏場から本格化する。 ここまでを見ていると、東京や横浜が頑張っているというより、上位に絡んでもおかしくない他チームが結果を出せていないという印象だ。浦和や名古屋はお金をかけた成果が出ていない。…

  • 久保建英は騒ぎすぎ 冷静に見守って/セルジオ越後

    今夏の移籍で最も注目されたのはRマドリード入りした久保建英だろう。 でも僕に言わせれば騒ぎ過ぎ、過剰反応だ。確かにレアルのトップチームは世界最高峰で、久保も米国での親善試合には合流している。ただ、実際にシーズンに入ったら、プレーするのは…

  • 久保に巧さもまだ課題 守備で貢献を/セルジオ越後

    久保のボール扱いのうまさ、足技は認める。将来への期待も大きい。だが、世界トップを相手に戦うにはまだ課題がある。 まずはさらに体力や筋力を上げて、南米選手権のような舞台でも当たり負けしない、守備でも貢献できるようになってほしい。今回は戦術…

  • 目立った柴崎 若手は体力で頑張れ/セルジオ越後

    選手交代を含め、もう少し早い時間帯で2点目を取りにいく仕掛けが欲しかった。守ってカウンター狙いだけでは厳しい。リスクを冒してもサイドバックが上がるようなことが必要だったんじゃないかな。結局相手を楽にさせてしまい、途中出場の攻撃的選手も、…

  • 三好2発で久保は次戦で真価問われる/セルジオ越後

    20年ぶり招待出場の日本(FIFAランキング26位)が、MF三好康児(22=横浜F・マリノス)の衝撃2発で同8位のウルグアイと2-2で引き分け、勝ち点1をもぎ取った。  ◇ ◇ ◇ 少ないチャンスをものにして、よく守って、勝ち点1をもぎ…

スポンサーリンク

熱血秋田塾

  • 久保の成長速い、味方に使われるプレーも/秋田豊

    日本対ミャンマー 後半、相手の厳しいマークを受けながらボールをキープする久保(撮影・河野匠) 久保建英の成長スピードが速い。1~2年前までは、ボールに寄ってパスを受けることが多かった。だが、この日は意識的に出し手から離れた位置で受けてい…

  • 久保は球際甘い 守備とフィジカル強化必要/秋田豊

    久保建英(18)は今回の遠征で4試合出場した。最初の2試合とあとの2試合は、プレー内容が違った。 特に伸び伸びとプレーした初戦のバイエルン・ミュンヘン戦で大きな可能性をみせた。しかし2戦目のアトレチコ・マドリード戦で、スルーパスがカット…

  • 久保と中島の共存可能 ミス4つで失点直結/秋田豊

    失点場面、岩田の競り負けが目立ったが、他にも細かいミスがいくつも重なった。相手CKを板倉が頭でクリアしたが、そのクリアが小さく中央の相手に渡った。クリアの鉄則は大きく、遠く。その後、左に展開され、また板倉がチェックに行ったが、そこの詰め…

スポンサーリンク

サッカー日本代表コラム

Number WEB

  • 森保監督、五輪世代から絶大な信頼。“横さん”こと横内コーチの仕事術。

    日本から遠く離れたアメリカの地で、彼の代名詞とも言える言葉にピッチを響かせた。「ブラーボ!!」テクニカルエリアを右往左往しながら戦況を見据える人物は、いいプレーが出ると決まって選手を鼓舞するように声を響かせる。その言葉はいいプレーと悪いプレーの判断をする指標となり、チームが進むべき方向を示している。

  • サッカー代表をラグビー基準で選出!森保Jのリーチ マイケルは誰だ?

    妄想は、自由だ。現実になることなんてないとわかっちゃいるけど、ついついやっちゃう。8月29日、ラグビーワールドカップに臨む日本代表の大会登録メンバー31人が発表されたときも、そう。過去最多15人の外国出身選手(帰化選手を含む)がメンバー入りしたことが話題になり、普段、サッカーを中心に取材している者として、妄想モードに突入してしまった。

  • W杯予選、福西崇史は戦い方を評価。「中島翔哉は相手をいなしていた」

    正直なところ、2-0というスコアに物足りなさを覚える人が多いかもしれません。でもきっちりとゲームコントロールして、勝ち点3でワールドカップ予選のスタートを切ったことが何より大事。やれることを冷静にやりきった90分と言っていいでしょう。

  • 久保建英ら8人がW杯予選に初出場。初戦完勝は世代交代の追い風になる。

    後半のアディショナルタイムに突入すると、ミャンマーの選手が3人同時にピッチに倒れ込んだ。途中出場の伊東純也が左サイドを突き破ったプレーが、彼らの疲労を分かりやすく表わしていた。

  • 「サッカーA代表、最後の覚悟」過去と今と。酒井友之の小さな後悔。

    2019年9月現在、日本代表で背番号10を背負う中島翔哉は言った。「これで最後、という覚悟をもって戦います」5日のパラグアイ戦後のことだ。かの「リフティングドリブル」の件を自ら詫びた後、ワールドカップ予選へ挑む決意を「最後」という言葉でまとめた。確かにそういうことなのだ。日本代表たるもの、いつ、その試合が選手にとって最後の機会となるか分からない。こちらがそのことを忘れており、「最後?」と中島に聞き返してしまった。

  • 福西崇史がW杯予選に求めるもの。必勝、そして久保建英の「テンポ」。

    カタールW杯アジア予選がいよいよ始まります。予選で求めたいのは、とにかく「勝つ」こと。日本が臨む今回の2次予選は比較的楽な対戦相手が多いと見られていますが、いざ試合が始まってみると、守りを固めた相手に手こずるという展開は過去にもありました。自分自身もドイツ大会の1次予選で経験しましたが、ピッチ内で“うまくいかない状態”を選手たちが解決していくほかない。

  • 大久保からの喝と麻也の期待を胸に。橋本拳人はハイブリッドMFに変身中。

    先発11人中、10人が欧州で戦う選手たち。ただ1人、Jリーグ組としてピッチに立った橋本拳人が堂々たるプレーを見せた。9月5日に茨城・カシマスタジアムで行われた、日本対パラグアイの一戦。スタメンは今冬のアジアカップで主力だった選手たち。唯一、ダブルボランチの位置には、柴崎岳の相棒として初めて橋本が入った。今年3月に代表デビューを果たしたばかり。3月、6月の招集時に安定したプレーを示し、継続して今回も選ばれた。

  • 吉田麻也、昌子源だけじゃない。植田直通に芽生えたリーダーの自覚。

    表情が柔らかくなった。キリンチャレンジカップのパラグアイ戦後のミックスゾーン。久しぶりに植田直通を取材して受けた印象だ。植田は右CBとして後半の45分間をきっちりとプレーし、2-0の完封勝利に貢献した。

  • 11カ月ぶりカルテットと久保建英。W杯予選へ向けて理想的な2-0勝利。

    9月5日に行われたパラグアイ戦の意味は、5日後のミャンマー戦後にはっきりするだろう。先のコパ・アメリカでベスト8入りし、準々決勝で優勝したブラジルを苦しめたパラグアイは、コンディションにはっきりとした問題を抱えていた。

  • 格上の日本がベストメンバーを招集。森保監督の人選を支える2つの理由。

    みなさん、こんにちは。8月30日にサッカー日本代表のメンバー23人が発表されました。9月5日にカシマスタジアムでパラグアイ代表と戦い、10日にカタールW杯2次予選の初戦となるミャンマー代表とのアウェーマッチに臨むことになります。驚いたのは森保一監督がベストメンバーを揃えてきたことです。

スポンサーリンク

欧州サッカーコラム

Number WEB

  • 敏腕モンチがセビージャ改革に着手。ロペテギ招聘、チチャリートも来た。

    今シーズン、個人的に注目しているのはセビージャだ。昨年スペイン代表とレアル・マドリーで2度もミソをつけたジュレン・ロペテギの手腕を再確認したいというのもあるが、なにより2年ぶりに復帰した途端、選手の半数以上を入れ替えたスポーツディレクター、モンチの目利きに衰えはないのか確かめたいのだ。

  • CLで最もゴールを奪ったアジア人、ソン・フンミンの「ごめん」秘話。

    昨季のチャンピオンズリーグで準優勝したトッテナムのシーズン最優秀選手は誰か。世界中の公式サポーターズクラブが選んだのは、生え抜きの主将ハリー・ケインでも、準決勝の大逆転劇の立役者ルーカス・モウラでもなく、印象的な活躍を継続的に披露したソン・フンミンだった。

  • 監督、解説者から商店主まで──。クライフ時代のバルサ選手たちの今。

    すでに本欄でも以前に紹介したが、『フランス・フットボール』誌には「彼らは今」という、かつて一世を風靡したチームの選手たちが、現在何をしているかを紹介するページ(不定期連載)がある。同誌7月30日発売号でロベルト・ノタリアニ記者が書いているのが、1992年のFCバルセロナ――ヨハン・クライフ監督のもと、チャンピオンズカップ(現CL)で悲願の初優勝を遂げたあのバルセロナである。

  • FIFA「ファン・アウォード」候補。“2人のニコラス”を巡る深イイ話。

    今月23日、イタリアのミラノで「ザ・ベスト・FIFA・フットボール・アウォーズ」が催される。今年の世界最優秀選手(男女)、世界最優秀監督(男女)などが発表されて表彰を受けるのだが、この中に「ファン・アウォード」いうあまり目立たない賞がある。

  • ペップ、クロップを抑え最優秀監督!プレミアの国産監督はなぜ増えた?

    原点回帰へ──。今シーズンのプレミアリーグには、ピッチにもベンチにもイングランド人が多い。Number欧州蹴球名鑑のコラムでも書いたが、スリーライオンズの強化を目的に『ホームグロウンルール』が制定されてから9年が経ち、近年はどのクラブでも国産の若手が存在感を放っている。一方、指揮官の増加は今シーズンの特徴だ。その数は8人。これは昨シーズンの開幕時の倍、一昨季と比べると4倍だ。世界で最も経済的に潤うリーグはこれまで、有能な外国籍の監督をたくさん招き、彼らの手腕に発展を委ねてきたところがある。

  • 水沼貴史がCLで最も注目する選手。アトレティコ、ロディの「怖さ」。

    いよいよ欧州チャンピオンズリーグ(CL)が開幕しますね。今シーズンの見所はやはりプレミア勢の躍進をどこが食い止めるか、という点でしょう。 グリーズマンを獲得したバルセロナ、アザールを獲ったレアル・マドリー、さらにはバイエルンなどのブンデス勢らは覇権を取り戻すべく、燃えているはず。それにクリスティアーノ・ロナウドは昨季悔しい思いをしました。

  • ジブラルタルで生きる日本人選手。欧州の端っこからCLを目指して。

    イギリス領ジブラルタル――。 聞いたことがある名前だけど、どこだろう? その昔、ジョン・レノンとオノヨーコが結婚式を挙げた場所……。 たいていの人はその事実さえも知らず、ぼんやりした印象しか抱いていないだろう。

  • 生まれたばかりの長女を残して……。マリティモ・前田大然、称賛と苦悩。

    ポルトガル1部リーグ、マリティモへの移籍が発表されてから約1カ月半。自身の目に映る景色は大きな変化を遂げていた。日本とは違う生活。言語。サッカー。そのどれもが新たな刺激となり、ひとりの青年を成長させている。

  • カバーニかマンジュキッチの獲得を!マンU再建への最適解とは?

    マンチェスター・ユナイテッドにドップリはまって四十余年。足元から雉が立つ程度では驚かなくなってきた。なにしろ、あのマルアヌ・フェライニ(現・山東魯能)をなぜか獲得し、わけが分からないままデイビッド・モイーズを招聘までしたクラブである。なりふり構わずなんでもやる。

  • ブンデス1部に初昇格のウニオン。「鉄の連帯」と「無償の愛」の魅力。

    ベルリンはドイツの首都。これは大抵の日本人の方が認知していると思うのですが、この街をなんだか遠くに感じる方が多いとも思います。それは日本の成田や羽田、関空からはフランクフルトやミュンヘンへ飛ぶ直行便があるのに、ベルリンへの直行便が就航していないこととも関係しているのではないでしょうか。

海外サッカーコラム│J SPORTS

    Feed has no items.
タイトルとURLをコピーしました