【最新コラム一覧】サッカー日本代表・欧州サッカー・有名コラムのまとめ

速報ニュース

サッカー日本代表コラム・欧州サッカーコラム・有名サッカーコラム(金子達仁/杉山茂樹/湯浅健二/後藤健生/宇都宮徹壱/セルジオ越後/熱血秋田塾)を、1時間毎に最新のコラム情報をお届けします。

スポンサーリンク

サッカー人気コラム ランキング

1位:金子達仁コラム

神奈川県横浜市出身。法政大学第二高等学校を経て、法政大学社会学部卒業。

大学卒業後、当時『サッカーダイジェスト』の編集者だった富樫洋一の誘いで日本スポーツ企画出版社に入社、『スマッシュ』、『サッカーダイジェスト』の編集者を経て1995年にフリーになる。その後スペイン・バルセロナに移住。

1997年、サッカー・アトランタオリンピック代表を取材し、『Sports Graphic Number』誌に掲載された『叫び』『断層』(後に大幅な加筆修正のうえ『28年目のハーフタイム』として上梓)でミズノスポーツライター賞受賞。サッカーを中心にノンフィクション作品を手がける。

代表作にJ1参入決定予備戦・アビスパ福岡vs川崎フロンターレ戦(1998年11月19日)のルポルタージュ『神を見た夜』(のち『バックパスの行方』と改題、改筆し『魂の叫び J2聖戦記』に収録)や、1999年のJ2最終節を扱った『秋天の陽炎』など。

またスカパー!などでサッカー解説者も務めるが、肩書きは「解説」ではなく「ゲスト」となっている(ただし、ニッポン放送のみ元々「解説」ではなく「サッカーコメンテーター」という肩書きを採用しているため、この肩書きがそのまま使用される)。

参照元:金子達仁│Wikipedia

【コラム】金子達仁│スポニチ・アネックス

【コラム】金子達仁 ― スポニチ Sponichi Annex サッカー
令和に期待 協議の枠超えた二刀流
スポンサーリンク

2位:杉山茂樹コラム

神奈川県横浜市出身。法政大学第二高等学校を経て、法政大学社会学部卒業。

大学卒業後、当時『サッカーダイジェスト』の編集者だった富樫洋一の誘いで日本スポーツ企画出版社に入社、『スマッシュ』、『サッカーダイジェスト』の編集者を経て1995年にフリーになる。その後スペイン・バルセロナに移住。

1997年、サッカー・アトランタオリンピック代表を取材し、『Sports Graphic Number』誌に掲載された『叫び』『断層』(後に大幅な加筆修正のうえ『28年目のハーフタイム』として上梓)でミズノスポーツライター賞受賞。

サッカーを中心にノンフィクション作品を手がける。

代表作にJ1参入決定予備戦・アビスパ福岡vs川崎フロンターレ戦(1998年11月19日)のルポルタージュ『神を見た夜』(のち『バックパスの行方』と改題、改筆し『魂の叫び J2聖戦記』に収録)や、1999年のJ2最終節を扱った『秋天の陽炎』など。

またスカパー!などでサッカー解説者も務めるが、肩書きは「解説」ではなく「ゲスト」となっている(ただし、ニッポン放送のみ元々「解説」ではなく「サッカーコメンテーター」という肩書きを採用しているため、この肩書きがそのまま使用される)。

参照元:杉山茂樹│Wikipedia

杉山茂樹のBLOGマガジン

杉山茂樹のBLOGマガジン - ライブドアブログ
サッカー番長こと、スポーツライター杉山茂樹のブログ。
スポンサーリンク

3位:湯浅健二コラム

武蔵工業大学卒業後、1976年に西ドイツ(当時)のケルン体育大学へ留学。1977年にドイツサッカー協会公認指導者資格「B級ライセンス」、1979年に同「A級ライセンス」取得。1981年に「スペシャルライセンス(プロサッカーコーチライセンス)」を取得し同大学の専門課程修了。

1982年に読売クラブ(現東京ヴェルディ)の専属コーチに就任。1983年からはドイツ人のルディ・グーテンドルフ監督の下でトップチームのコーチを務めた。

サッカージャーナリストとして著書多数。Jリーグでは、浦和レッズを中心に、関東のチームについて言及を行うことが多い。

参照元:湯浅健二│Wikipedia

  • ブッフバルトがもたらした勇気。

    [超攻撃的サッカーのススメ]ブッフバルトがもたらした勇気。湯浅健二=文text by Kenji Yuasa  「前にスペースがあるのに仕掛けていかないのは、どう考えても不自然だ。リスクを負わな […]

湯浅健二のサッカーホームページ

トピックス
スポンサーリンク

4位:後藤健生コラム

日本のサッカージャーナリストの先駆者の一人である。

1964年に東京オリンピックのハンガリー五輪代表対モロッコ五輪代表で初めてサッカーを観戦して以来、現在まで観戦した試合は5,000試合以上を数えている。また1974年のワールドカップ・西ドイツ大会以降、ワールドカップやUEFA欧州選手権などの主要国際大会を現地で取材を続けた。『国立競技場の100年 明治神宮外苑から見る日本の近代スポーツ』で2013年度ミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞している。

学生時代は日本最古のクイズサークル「ホノルルクラブ」に所属する有名なクイズマニアでもあった(初めて海外サッカーの試合を観戦したのも、1972年に優勝した「クイズグランプリ」(フジテレビ)の優勝賞品である欧州旅行で欧州を訪れた際のものである)。

Jリーグや高校サッカー、欧州CLも生観戦して取材・執筆活動を続けている。後藤も政治学博士というサッカージャーナリストとしては異色の経歴を持ち、国際関係論や政治的視点を用いた独特の切り口からのサッカー史、サッカー文化考察も行っている。

基本的にコラムでは試合経過の著述、著作では日本や世界のサッカーの歴史や社会背景についての記述が多く、ほぼ独力での取材でまとめた『日本サッカー史・日本代表の90年』は、過去のサッカー記録集として数年に一度改訂された。ただし、一方で戦術理論については深く言及することは少ない。また、近年はコラムや出演番組中での発言[1][2]が問題になったこともあった。

参照元:後藤健生│Wikipedia

    Feed has no items.
    Feed has no items.

後藤健生コラム│サッカーダイジェストWeb

後藤健生 | サッカーダイジェストWeb
サッカーダイジェスト、ワールドサッカーダ...

後藤健生コラム│スポーツナビ

後藤健生 - スポーツナビ
スポーツ総合サイト、スポーツナビのコラム一覧。野球、サッカー、競馬をはじめ、スポーツ全般を執筆している後藤健生のプロフィールや一覧を掲載しています。
スポンサーリンク

5位:宇都宮徹壱コラム

大学院修了後、映像制作会社を経て、1997年から写真家・ノンフィクションライターとしての活動を開始。当初、旧ユーゴスラビア諸国等の旧社会主義国のサッカー事情について精力的に取材活動を行う。ワールドカップについては、1998年から取材を行っているが、スポーツ・ポータルサイトスポーツナビの特派員となった2002年以降、取材活動を本格化。

なお、ワールドカップにおけるスポーツナビとの連携は2006年、2010年も継続。

2009年、ヨーロッパ各地のサッカー事情を取材した著書『フットボールの犬』が第20回ミズノスポーツライター賞の最優秀賞を受賞。

現在は、東欧を始めとするヨーロッパだけでなく、JFLや地域リーグなども取材対象としている。自称マスコット評論家。

参照元:宇都宮徹壱│Wikipedia

宇都宮徹壱コラム│スポーツナビ コラム

宇都宮徹壱 - スポーツナビ
スポーツ総合サイト、スポーツナビのコラム一覧。野球、サッカー、競馬をはじめ、スポーツ全般を執筆している宇都宮徹壱のプロフィールや一覧を掲載しています。

宇都宮徹壱コラム│サッカーダイジェストWeb

宇都宮徹壱 | サッカーダイジェストWeb
サッカーダイジェスト、ワールドサッカーダ...
スポンサーリンク

人気解説者コラム

セルジオ越後「ちゃんとサッカーしなさい」

  • 「ポスト大迫探し」先送り…問題山積/セルジオ越後

    森保監督も我慢できなかったんだな。3連敗はしたくなくて、中島、南野、堂安を投入するしかなかったんだろう。 ちょうどボリビアも疲れた時間帯だったから、効果的だった。相手のミスもあっての決勝点だったし、後半途中から出てくる選手は楽だよ。 先… […]

  • 中島存在感◎も得点力不足の課題続く/セルジオ越後

    選手交代は勝つためではなく、経験させるためのものだったのかな。球をつなぐ選手が入っても、得点できなかった。その時間帯、リードする相手は引いて、ペナルティーエリアで待っていただけ。日本はその前でボールを回させてもらい、よく見えただけだ。 … […]

  • 選手選考にテーマ見えず…整合性なし/セルジオ越後

    国際親善試合キリンチャレンジ杯コロンビア戦(22日、日産ス)ボリビア戦(26日、ノエスタ)に臨む日本代表メンバーが14日、東京・本郷のJFAハウスで発表された。    ◇   ◇   ◇ 国内組が多いのは、海外組の中には6月南米選手権時… […]

スポンサーリンク

熱血秋田塾

  • 大迫探し失敗、鈴木と鎌田は期待応えられず/秋田豊

    ポスト大迫探しは、今回もうまくいかなかった。天性の身体能力を持つ鈴木が、札幌で結果を残して初招集された。強靱(きょうじん)な体で期待は高かったが、前半38分のビッグチャンスを逃すなど、期待に応えることはできなかった。 2列目の3人(中島… […]

スポンサーリンク

サッカー日本代表コラム

Number WEB

  • U-20W杯に滑り込んだアタッカー。G大阪・中村の「敬斗ゾーン」を見よ。

    諦めなかった。僅かなチャンスでも逃さないつもりだった――。5月23日に開幕するU-20W杯に出場するU-20日本代表の最終メンバーに選出されたガンバ大阪の若きアタッカー・中村敬斗は、精悍な表情で今年初となる日本代表のシャツを身に纏い、本番前の国内最後の試合となった流通経済大学との練習試合(13日)のピッチに立った。 […]

  • 小林祐希、中島翔哉らと通ずるもの。東京V藤本寛也がU-20W杯で輝く理由。

    東京ヴェルディは、かつては育成王国と言われ、今もその伝統が受け継がれている。過去には菊原志郎、財前宣之ら天才と言われた選手を輩出、3月の日本代表に選出された小林祐希、安西幸輝、畠中槙之輔、さらには今や代表の中心になっている中島翔哉など、能力が高く、個性の強い選手が続々と生まれている。 […]

  • U-20W杯、10番主将は頼れる男。齊藤未月「闘争心をむき出しに」

    5月7日に23日から開幕するU-20W杯の最終メンバーが発表された。湘南ベルマーレのMF齊藤未月はメンバー入りを果たすと共に、10番とキャプテンという重責を担うことも明らかになった。 […]

  • 久保建英、安部裕葵ら不在のU-20W杯。鍵を握る2年前のイングランド戦とは。

    5月7日、JFAハウスにて23日からポーランドで開幕するU-20W杯の最終メンバー21名が発表された。チームを率いる影山雅永監督が、関塚隆技術委員長と共にメンバーの発表と質疑応答をしたが、その中でメンバー選考の試行錯誤を垣間見ることができた。 […]

  • W杯開幕を目前に控えたなでしこ。長谷川唯、岩清水梓たちの勝算。

    夜のグラウンドを煌々と照らしていたライトが消えた。時刻は午後8時半を回っている。 東京都稲城市、日本の女子サッカー界を牽引する日テレ・ベレーザの練習場。この日は午後5時半からミーティングを行い、6時にトレーニングをスタートした。全体練習は7時20分に終了したが、大半の選手が居残って個人練習に励む。 […]

  • 「黄金世代」と呼ばれて20年。日本サッカーに名を刻んだ若者たち。

    「あれから20年」そう切り出すと、3人それぞれに何とも言えない含みのある表情を見せた。1999年4月。のちに「黄金世代」と呼ばれる彼らは、ナイジェリアの地で世界を驚かす快進撃を演じて見せた。舞台は20歳以下の世界一を決するU-20W杯。手にした準優勝の栄冠と記憶は、20年の歳月が流れても決して色褪せない。 […]

  • 平成日本サッカーの夜明け(3)1995年のワールドユースが変えた物。

    1993年(平成5年)の“ドーハの悲劇”から2カ月後、U-18日本代表が立ち上げられた。 監督の田中孝司は'92年(平成4年)のアジアユース3位や“ドーハの悲劇”を発奮材料とし、さらには'93年のU-17世界選手権でのベスト8入りも踏まえ、「日本サッカーの歴史を変えよう」とのキャッチフレーズを打ち出す。 […]

  • 平成日本サッカーの夜明け(2)世界ベスト8に輝いた16歳の中田英寿。

    1993年(平成5年)の日本サッカーで、まず思い浮かぶのは5月のJリーグ開幕であり、10月の“ドーハの悲劇”だろう。プロサッカーリーグの華々しい開幕と、後半終了間際の失点によるワールドカップ予選敗退は、どちらも平成のサッカー史を代表するトピックスでもある。 […]

  • 平成日本サッカーの夜明け(1)1992年の西野朗と韓国の高い壁。

    平成という時代の日本サッカーを語るときに、誰もが起点と考えるのは1993年(平成5年)だろう。5月のJリーグ開幕と10月の“ドーハの悲劇”が、とてつもないターニングポイントとなったのは間違いない。 […]

  • 神戸の“教材”を手にU-20W杯へ!郷家友太の解答用紙は埋まる?

    開幕まであと1カ月に迫ったU-20W杯。 国内最後となった千葉合宿(4月14~16日)で、MF郷家友太(ヴィッセル神戸)は最終メンバー入りへのアピールとチームへの貢献の2つを視野に入れてプレーしていた。 […]

スポンサーリンク

欧州サッカーコラム

Number WEB

海外サッカーコラム│J SPORTS

    Feed has no items.
タイトルとURLをコピーしました