【最新コラム一覧】サッカー日本代表・欧州サッカー・有名コラムのまとめ

速報ニュース

サッカー日本代表コラム・欧州サッカーコラム・有名サッカーコラム(金子達仁/杉山茂樹/湯浅健二/後藤健生/宇都宮徹壱/セルジオ越後/熱血秋田塾)を、1時間毎に最新のコラム情報をお届けします。

スポンサーリンク

サッカー人気コラム ランキング

1位:金子達仁コラム

神奈川県横浜市出身。法政大学第二高等学校を経て、法政大学社会学部卒業。

大学卒業後、当時『サッカーダイジェスト』の編集者だった富樫洋一の誘いで日本スポーツ企画出版社に入社、『スマッシュ』、『サッカーダイジェスト』の編集者を経て1995年にフリーになる。その後スペイン・バルセロナに移住。

1997年、サッカー・アトランタオリンピック代表を取材し、『Sports Graphic Number』誌に掲載された『叫び』『断層』(後に大幅な加筆修正のうえ『28年目のハーフタイム』として上梓)でミズノスポーツライター賞受賞。サッカーを中心にノンフィクション作品を手がける。

代表作にJ1参入決定予備戦・アビスパ福岡vs川崎フロンターレ戦(1998年11月19日)のルポルタージュ『神を見た夜』(のち『バックパスの行方』と改題、改筆し『魂の叫び J2聖戦記』に収録)や、1999年のJ2最終節を扱った『秋天の陽炎』など。

またスカパー!などでサッカー解説者も務めるが、肩書きは「解説」ではなく「ゲスト」となっている(ただし、ニッポン放送のみ元々「解説」ではなく「サッカーコメンテーター」という肩書きを採用しているため、この肩書きがそのまま使用される)。

参照元:金子達仁│Wikipedia

【コラム】金子達仁│スポニチ・アネックス

【コラム】金子達仁 ― スポニチ Sponichi Annex サッカー
ラグビーW杯後の芝「どうだった?」
スポンサーリンク

2位:杉山茂樹コラム

神奈川県横浜市出身。法政大学第二高等学校を経て、法政大学社会学部卒業。

大学卒業後、当時『サッカーダイジェスト』の編集者だった富樫洋一の誘いで日本スポーツ企画出版社に入社、『スマッシュ』、『サッカーダイジェスト』の編集者を経て1995年にフリーになる。その後スペイン・バルセロナに移住。

1997年、サッカー・アトランタオリンピック代表を取材し、『Sports Graphic Number』誌に掲載された『叫び』『断層』(後に大幅な加筆修正のうえ『28年目のハーフタイム』として上梓)でミズノスポーツライター賞受賞。

サッカーを中心にノンフィクション作品を手がける。

代表作にJ1参入決定予備戦・アビスパ福岡vs川崎フロンターレ戦(1998年11月19日)のルポルタージュ『神を見た夜』(のち『バックパスの行方』と改題、改筆し『魂の叫び J2聖戦記』に収録)や、1999年のJ2最終節を扱った『秋天の陽炎』など。

またスカパー!などでサッカー解説者も務めるが、肩書きは「解説」ではなく「ゲスト」となっている(ただし、ニッポン放送のみ元々「解説」ではなく「サッカーコメンテーター」という肩書きを採用しているため、この肩書きがそのまま使用される)。

参照元:杉山茂樹│Wikipedia

杉山茂樹のBLOGマガジン

杉山茂樹のBLOGマガジン - ライブドアブログ
サッカー番長こと、スポーツライター杉山茂樹のブログ。
スポンサーリンク

3位:湯浅健二コラム

武蔵工業大学卒業後、1976年に西ドイツ(当時)のケルン体育大学へ留学。1977年にドイツサッカー協会公認指導者資格「B級ライセンス」、1979年に同「A級ライセンス」取得。1981年に「スペシャルライセンス(プロサッカーコーチライセンス)」を取得し同大学の専門課程修了。

1982年に読売クラブ(現東京ヴェルディ)の専属コーチに就任。1983年からはドイツ人のルディ・グーテンドルフ監督の下でトップチームのコーチを務めた。

サッカージャーナリストとして著書多数。Jリーグでは、浦和レッズを中心に、関東のチームについて言及を行うことが多い。

参照元:湯浅健二│Wikipedia

  • ブッフバルトがもたらした勇気。

    [超攻撃的サッカーのススメ]ブッフバルトがもたらした勇気。湯浅健二=文text by Kenji Yuasa  「前にスペースがあるのに仕掛けていかないのは、どう考えても不自然だ。リスクを負わな…

湯浅健二のサッカーホームページ

トピックス
スポンサーリンク

4位:後藤健生コラム

日本のサッカージャーナリストの先駆者の一人である。

1964年に東京オリンピックのハンガリー五輪代表対モロッコ五輪代表で初めてサッカーを観戦して以来、現在まで観戦した試合は5,000試合以上を数えている。また1974年のワールドカップ・西ドイツ大会以降、ワールドカップやUEFA欧州選手権などの主要国際大会を現地で取材を続けた。『国立競技場の100年 明治神宮外苑から見る日本の近代スポーツ』で2013年度ミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞している。

学生時代は日本最古のクイズサークル「ホノルルクラブ」に所属する有名なクイズマニアでもあった(初めて海外サッカーの試合を観戦したのも、1972年に優勝した「クイズグランプリ」(フジテレビ)の優勝賞品である欧州旅行で欧州を訪れた際のものである)。

Jリーグや高校サッカー、欧州CLも生観戦して取材・執筆活動を続けている。後藤も政治学博士というサッカージャーナリストとしては異色の経歴を持ち、国際関係論や政治的視点を用いた独特の切り口からのサッカー史、サッカー文化考察も行っている。

基本的にコラムでは試合経過の著述、著作では日本や世界のサッカーの歴史や社会背景についての記述が多く、ほぼ独力での取材でまとめた『日本サッカー史・日本代表の90年』は、過去のサッカー記録集として数年に一度改訂された。ただし、一方で戦術理論については深く言及することは少ない。また、近年はコラムや出演番組中での発言[1][2]が問題になったこともあった。

参照元:後藤健生│Wikipedia

    Feed has no items.
    Feed has no items.

後藤健生コラム│サッカーダイジェストWeb

後藤健生 | サッカーダイジェストWeb
サッカーダイジェスト、ワールドサッカーダ...

後藤健生コラム│スポーツナビ

後藤健生 - スポーツナビ
スポーツ総合サイト、スポーツナビのコラム一覧。野球、サッカー、競馬をはじめ、スポーツ全般を執筆している後藤健生のプロフィールや一覧を掲載しています。
スポンサーリンク

5位:宇都宮徹壱コラム

大学院修了後、映像制作会社を経て、1997年から写真家・ノンフィクションライターとしての活動を開始。当初、旧ユーゴスラビア諸国等の旧社会主義国のサッカー事情について精力的に取材活動を行う。ワールドカップについては、1998年から取材を行っているが、スポーツ・ポータルサイトスポーツナビの特派員となった2002年以降、取材活動を本格化。

なお、ワールドカップにおけるスポーツナビとの連携は2006年、2010年も継続。

2009年、ヨーロッパ各地のサッカー事情を取材した著書『フットボールの犬』が第20回ミズノスポーツライター賞の最優秀賞を受賞。

現在は、東欧を始めとするヨーロッパだけでなく、JFLや地域リーグなども取材対象としている。自称マスコット評論家。

参照元:宇都宮徹壱│Wikipedia

宇都宮徹壱コラム│スポーツナビ コラム

宇都宮徹壱 - スポーツナビ
スポーツ総合サイト、スポーツナビのコラム一覧。野球、サッカー、競馬をはじめ、スポーツ全般を執筆している宇都宮徹壱のプロフィールや一覧を掲載しています。

宇都宮徹壱コラム│サッカーダイジェストWeb

宇都宮徹壱 | サッカーダイジェストWeb
サッカーダイジェスト、ワールドサッカーダ...
スポンサーリンク

人気解説者コラム

セルジオ越後「ちゃんとサッカーしなさい」

  • 格下に動きちぐはぐ、プライド感じず/セルジオ越後

    セットプレーからの2得点で勝ったけど、流れの中での決定機は相手の方が多かった。日本はパスのスピードも連係も足りない。動きがちぐはぐで、両サイドのオーバーラップも少なかった。ファウルが多い。つまりファウルでしか止められない場面が多かった。…

  • “年末調整”組に一石投じる奮起期待/セルジオ越後

    日本サッカー協会(JFA)は6日、都内のJFAハウスで会見を開き、22年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選アウェーのキルギス戦(14日)と、国際親善試合キリンチャレンジ杯ベネズエラ戦(19日、吹田)に臨む日本代表メンバーを…

  • 3連勝もレベルの差大きく課題見えず/セルジオ越後

    日本は動きが重く、スピードもなかったのは、人工芝の影響もあっただろう。敵地では長時間移動の疲れや時差、環境の違いなどハンディはある。そんな中、危ない場面もあったが、本気で脅かされることはなかった。いい時間帯に2点を奪い、勝負は決まった。…

  • レベルに差…6ゴール当たり前/セルジオ越後

    ゴールラッシュで快勝だからと「よくやった」と褒めたら、日本代表に失礼なくらいだ。レベルの差は明らかで、この結果は当たり前、2桁得点してもおかしくなかった。新戦力も得点を決めたが、これで「大迫の穴が埋まった」と思ったら早合点だろう。 相手…

  • 森保監督は海外組に頼り過ぎてる印象/セルジオ越後

    故障中の大迫に代わってFWでは浅野と鎌田が選ばれ、海外組に頼り過ぎている印象となった。 森保監督らは精力的にJリーグを視察しているが、どんな目的だったのだろう? 全体でも国内組はわずか3人で、結局「国内にはFWの人材がいない」と発表した…

  • 勝つのが当たり前 2点だけは寂しい/セルジオ越後

    いい時間帯に2点取ったけど、その後はペナルティーエリア内で粘りとスピードのある相手の守りにてこずってしまった。 決定力不足というより、それ以前に攻撃のバリエーション不足だ。オーソドックスにサイドに展開してクロスを上げる形ばかりではね…。…

  • 堂安が久保より上と言わざるを得ない/セルジオ越後

    あと2、3点は取れた試合、堂安と久保は1点ずつ決めるべき試合だったんじゃないかな。 周囲はもちろん久保本人も最年少ゴールは意識していたはずだ。シュートにも相手を抜くことにも積極的で、そこはよかった。ただ、後半から出た久保は最初からイケイ…

  • 五輪が心配、森保監督の選考ブレてる/セルジオ越後

    日本サッカー協会は30日、キリンチャレンジカップのパラグアイ戦、ワールドカップ(W杯)アジア2次予選兼アジア杯予選のミャンマー戦に臨む日本代表メンバーを発表した。    ◇   ◇   ◇ 手堅いメンバー選考のように映るが、その中に森保…

スポンサーリンク

熱血秋田塾

  • 後半最前線へ南野FW使えること確認できた/秋田豊

    ハーフタイムの修正が功を奏した。前半はFW鎌田を前線で張らせたが、くさびのパスが入らない。自然とサイドからの攻撃が増えたが、攻めは単調になり、日本特有のパス回しも生きず、相手の逆襲を許す場面があった。 相手は4-1-4-1で中盤の底にア…

  • 久保の成長速い、味方に使われるプレーも/秋田豊

    日本対ミャンマー 後半、相手の厳しいマークを受けながらボールをキープする久保(撮影・河野匠) 久保建英の成長スピードが速い。1~2年前までは、ボールに寄ってパスを受けることが多かった。だが、この日は意識的に出し手から離れた位置で受けてい…

スポンサーリンク

サッカー日本代表コラム

Number WEB

スポンサーリンク

欧州サッカーコラム

Number WEB

海外サッカーコラム│J SPORTS

    Feed has no items.
タイトルとURLをコピーしました