【最新コラム一覧】サッカー日本代表・欧州サッカー・有名コラムのまとめ

速報ニュース

サッカー日本代表コラム・欧州サッカーコラム・有名サッカーコラム(金子達仁/杉山茂樹/湯浅健二/後藤健生/宇都宮徹壱/セルジオ越後/熱血秋田塾)を、1時間毎に最新のコラム情報をお届けします。

スポンサーリンク

サッカー人気コラム ランキング

1位:金子達仁コラム

神奈川県横浜市出身。法政大学第二高等学校を経て、法政大学社会学部卒業。

大学卒業後、当時『サッカーダイジェスト』の編集者だった富樫洋一の誘いで日本スポーツ企画出版社に入社、『スマッシュ』、『サッカーダイジェスト』の編集者を経て1995年にフリーになる。その後スペイン・バルセロナに移住。

1997年、サッカー・アトランタオリンピック代表を取材し、『Sports Graphic Number』誌に掲載された『叫び』『断層』(後に大幅な加筆修正のうえ『28年目のハーフタイム』として上梓)でミズノスポーツライター賞受賞。サッカーを中心にノンフィクション作品を手がける。

代表作にJ1参入決定予備戦・アビスパ福岡vs川崎フロンターレ戦(1998年11月19日)のルポルタージュ『神を見た夜』(のち『バックパスの行方』と改題、改筆し『魂の叫び J2聖戦記』に収録)や、1999年のJ2最終節を扱った『秋天の陽炎』など。

またスカパー!などでサッカー解説者も務めるが、肩書きは「解説」ではなく「ゲスト」となっている(ただし、ニッポン放送のみ元々「解説」ではなく「サッカーコメンテーター」という肩書きを採用しているため、この肩書きがそのまま使用される)。

参照元:金子達仁│Wikipedia

【コラム】金子達仁│スポニチ・アネックス

スポニチ Sponichi Annex
スポーツニュース、芸能ニュースはお任せ!スポーツニッポン新聞社の公式スマートフォンサイトです。
スポンサーリンク

2位:杉山茂樹コラム

神奈川県横浜市出身。法政大学第二高等学校を経て、法政大学社会学部卒業。

大学卒業後、当時『サッカーダイジェスト』の編集者だった富樫洋一の誘いで日本スポーツ企画出版社に入社、『スマッシュ』、『サッカーダイジェスト』の編集者を経て1995年にフリーになる。その後スペイン・バルセロナに移住。

1997年、サッカー・アトランタオリンピック代表を取材し、『Sports Graphic Number』誌に掲載された『叫び』『断層』(後に大幅な加筆修正のうえ『28年目のハーフタイム』として上梓)でミズノスポーツライター賞受賞。

サッカーを中心にノンフィクション作品を手がける。

代表作にJ1参入決定予備戦・アビスパ福岡vs川崎フロンターレ戦(1998年11月19日)のルポルタージュ『神を見た夜』(のち『バックパスの行方』と改題、改筆し『魂の叫び J2聖戦記』に収録)や、1999年のJ2最終節を扱った『秋天の陽炎』など。

またスカパー!などでサッカー解説者も務めるが、肩書きは「解説」ではなく「ゲスト」となっている(ただし、ニッポン放送のみ元々「解説」ではなく「サッカーコメンテーター」という肩書きを採用しているため、この肩書きがそのまま使用される)。

参照元:杉山茂樹│Wikipedia

杉山茂樹のBLOGマガジン

杉山茂樹のBLOGマガジン
スポンサーリンク

3位:湯浅健二コラム

武蔵工業大学卒業後、1976年に西ドイツ(当時)のケルン体育大学へ留学。1977年にドイツサッカー協会公認指導者資格「B級ライセンス」、1979年に同「A級ライセンス」取得。1981年に「スペシャルライセンス(プロサッカーコーチライセンス)」を取得し同大学の専門課程修了。

1982年に読売クラブ(現東京ヴェルディ)の専属コーチに就任。1983年からはドイツ人のルディ・グーテンドルフ監督の下でトップチームのコーチを務めた。

サッカージャーナリストとして著書多数。Jリーグでは、浦和レッズを中心に、関東のチームについて言及を行うことが多い。

参照元:湯浅健二│Wikipedia

  • ブッフバルトがもたらした勇気。

    [超攻撃的サッカーのススメ]ブッフバルトがもたらした勇気。湯浅健二=文text by Kenji Yuasa  「前にスペースがあるのに仕掛けていかないのは、どう考えても不自然だ。リスクを負わな […]

湯浅健二のサッカーホームページ

トピックス
スポンサーリンク

4位:後藤健生コラム

日本のサッカージャーナリストの先駆者の一人である。

1964年に東京オリンピックのハンガリー五輪代表対モロッコ五輪代表で初めてサッカーを観戦して以来、現在まで観戦した試合は5,000試合以上を数えている。また1974年のワールドカップ・西ドイツ大会以降、ワールドカップやUEFA欧州選手権などの主要国際大会を現地で取材を続けた。『国立競技場の100年 明治神宮外苑から見る日本の近代スポーツ』で2013年度ミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞している。

学生時代は日本最古のクイズサークル「ホノルルクラブ」に所属する有名なクイズマニアでもあった(初めて海外サッカーの試合を観戦したのも、1972年に優勝した「クイズグランプリ」(フジテレビ)の優勝賞品である欧州旅行で欧州を訪れた際のものである)。

Jリーグや高校サッカー、欧州CLも生観戦して取材・執筆活動を続けている。後藤も政治学博士というサッカージャーナリストとしては異色の経歴を持ち、国際関係論や政治的視点を用いた独特の切り口からのサッカー史、サッカー文化考察も行っている。

基本的にコラムでは試合経過の著述、著作では日本や世界のサッカーの歴史や社会背景についての記述が多く、ほぼ独力での取材でまとめた『日本サッカー史・日本代表の90年』は、過去のサッカー記録集として数年に一度改訂された。ただし、一方で戦術理論については深く言及することは少ない。また、近年はコラムや出演番組中での発言[1][2]が問題になったこともあった。

参照元:後藤健生│Wikipedia

後藤健生コラム│サッカーダイジェストWeb

後藤健生 | サッカーダイジェストWeb
サッカーダイジェスト、ワールドサッカーダ...

後藤健生コラム│スポーツナビ

後藤健生 - スポーツナビ
最新コラムをチェック。
スポンサーリンク

5位:宇都宮徹壱コラム

大学院修了後、映像制作会社を経て、1997年から写真家・ノンフィクションライターとしての活動を開始。当初、旧ユーゴスラビア諸国等の旧社会主義国のサッカー事情について精力的に取材活動を行う。ワールドカップについては、1998年から取材を行っているが、スポーツ・ポータルサイトスポーツナビの特派員となった2002年以降、取材活動を本格化。

なお、ワールドカップにおけるスポーツナビとの連携は2006年、2010年も継続。

2009年、ヨーロッパ各地のサッカー事情を取材した著書『フットボールの犬』が第20回ミズノスポーツライター賞の最優秀賞を受賞。

現在は、東欧を始めとするヨーロッパだけでなく、JFLや地域リーグなども取材対象としている。自称マスコット評論家。

参照元:宇都宮徹壱│Wikipedia

宇都宮徹壱コラム│スポーツナビ コラム

宇都宮徹壱 - スポーツナビ
最新コラムをチェック。

宇都宮徹壱コラム│サッカーダイジェストWeb

宇都宮徹壱 | サッカーダイジェストWeb
サッカーダイジェスト、ワールドサッカーダ...
スポンサーリンク

人気解説者コラム

セルジオ越後「ちゃんとサッカーしなさい」

  • 選手層の薄さ、個の力不足が明らか/セルジオ越後

    決勝をはじめ、今大会の日本は5バックで守る相手に苦しんだ。日本がリスペクトされているから引くんだ。でも、その格下相手に打開する力がなかったのが日本の現状だ。準決勝でイランに味わわせた思いを、決勝では日本が味わうことになってしまった。 「… […]

  • 世代交代へは南野や堂安が決めないと/セルジオ越後

    先制点の取り方が明暗を分けた。笛は鳴ってないのにイランが足を止めて抗議するという、とんでもない“珍プレー”のおかげでゴールが生まれた。 相手は精神的ダメージが大きく、冷静さを失った。逆に前半21分にGK権田のまずいパスから相手のエースF… […]

  • 日本は成長したか 試されるイラン戦/セルジオ越後

    前戦サウジアラビアに1点差勝ちは分かるが、ベトナム相手にこの内容は物足りない。J2水戸ホーリーホックにいたFWグエン・コン・フォンにあんなにやられるとは…。横綱サッカーではなかったな。もっと「差」を見せつけてほしかった。 格下のベトナム… […]

  • 緩急リズム使う相手だと危なかった…/セルジオ越後

    日本対サウジアラビア 後半、懸命に守備をしシュートコースをつぶす日本代表の選手たち(撮影・横山健太) 2点目を取りにいくより、失点しないゲームプランだった。プライドを捨てて、引いて守りきった。堂安も原口も体を張り、守りで目立った。相手の… […]

  • 層が厚くなったと錯覚してはいけない/セルジオ越後

    日本はオマーン戦から先発10人を入れ替えて臨み、ウズベキスタンは主力6人を温存、エースFWショムドロフは1点決めたらベンチに下がった。互いに決勝トーナメント(T)1回戦を見据えてのこと。両者ベストメンバーの対戦ではないから、本当の力の差… […]

  • 「実力不足」連勝も内容よくない/セルジオ越後

    2連勝と結果は出ているが、内容はよくない。ビデオ判定があったら原口にPKは与えられず、長友のハンドがとられて負けていたかもしれない。引いたトルクメニスタンに手を焼き、攻めたオマーンにも苦しめられた。 大きな要因はコンディション不足と選手… […]

  • 後半相手疲れただけボランチ冨安疑問/セルジオ越後

    グループリーグ初戦に勝利しトルクメニスタンの選手たちと握手をかわす日本代表の選手たち(撮影・横山健太) この相手なら3得点は当たり前だけど、2失点するのはだらしない。後半は日本が良くなったのではなく、相手が疲れただけ。そんな中、PK献上… […]

  • 「森保スタイル」通用するか?/セルジオ越後

    FW陣では小林や鈴木を呼びたかったのだろうが、故障で駄目だった。シーズンが終わったばかりの国内組は、こうした故障や疲れなどコンディションが難しい。対して海外組は試合が続いている。おそらくチームの基盤は海外組になるから、そこに国内組がいか… […]

スポンサーリンク

熱血秋田塾

  • 敗戦2要因分析…疲労蓄積で吉田全失点絡む/秋田豊

    前半、先制ゴールを決めるカタールのアリ(左)(撮影・河野匠) まずは、前回「日本は優勝する」と断言したことを、謝ります。 ではなぜ、優勝できなかったか。大きく2つの要因が挙げられる。(1)ターンオーバーできなかった。1次リーグでは、主力… […]

  • 森保監督のチーム作りが実を結ぶ 次も勝つ/秋田塾

    日本は次も勝つ。優勝すると言い切ってもいいだろう。イラン戦でそれほどのチームの成長を感じた。大会前もけが人が多く、メンバーも思うようにそろわず、準々決勝まで1点差勝利と苦しい戦いが続いた。ただその間も、森保監督はぶれずにチームの枠を大き… […]

  • 北川と堂安の差「覚悟」思い切ってプレーを/秋田豊

    後半、ゴール前に飛び込むもゴールを奪えず悔しがる北川(撮影・河野匠) 最前線でターゲットとなった北川航也選手のプレーには「覚悟」が見えない。日本代表として戦う緊張感があるのだろう。素晴らしいパフォーマンスができる選手なのだが、周りに合わ… […]

  • 守っても勝てる証明!意味あるサウジ戦勝利/秋田豊

    今までにない戦い方で、意味ある勝利だ。日本は攻められる時間帯が長かった。しかし失点はしなかったし、決定的な失点危機はあったが、しっかりと体をはった。これは、ものすごく細かくラインコントロールできたため。こんなに細かく上げ下げしたことがあ… […]

  • 失点シーンで槙野ミス2つ、決勝Tへ教訓に/秋田豊

    ウズベキスタン戦の前半、先制点を挙げたショムロドフ(右)と競り合う槙野(2018年1月17日撮影) 1次リーグを首位通過したが、これは今後にも影響する重要な問題なので、触れておきたい。失点の場面。槙野に2つのミスが重なった。まずは位置。… […]

  • 攻撃時の守備の意識安易 強国は見逃さない/秋田豊

    特に前半。日本は格下と思われたオマーンに何度もカウンターを許した。攻撃時に守備のリスクマネジメントができてないため、相手にシュートチャンスを複数回与えた。鉄則は常に数的有利を作ることだ。しかし、このセオリーが守られてないことがあった。仲… […]

  • 行き詰まった前半を後半サイド攻撃で修正/秋田豊

    森保監督が、行き詰まっていた日本をうまく修正した。前半は中へ中へと、中央での勝負が多かった。相手が大人数で網を張る中央へ無理に仕掛け、ボールを取られてカウンターを許す場面が多かったし、失点もした。追加点を与える危機も招いた。 そこで後半… […]

  • 鹿島、リバープレートに守備能力で大差/秋田豊

    差を挙げるとしたらキリがない。個の能力、キックの質、スピード、タッチ数、テンポなど、サッカーにかかわるほとんどの能力がリバープレートは優れていた。アジアと南米トップクラブの実力差だろう。 最も差を感じたのは守備能力だ。特に相手DFピノラ… […]

  • 鹿島、初戦の集中力あれば世界3位みえる/秋田豊

    <クラブ・ワールドカップ(W杯):鹿島1-3Rマドリード>◇準決勝◇19日◇アブダビ 初戦で逆転勝ちした勢いそのままに臨んだ鹿島アントラーズだったが、2年前の同大会決勝で敗れたレアル・マドリードとの再戦は、1-3というスコア以上の完敗だ… […]

  • 「ジーコスピリット」が世界を驚かせる/秋田豊

    <クラブワールドカップ:鹿島3-2グアダラハラ>◇準々決勝◇15日◇アルアイン 鹿島アントラーズの強みは、相手、流れ、チーム状況によってカラーを変えられることだ。攻撃で圧倒することも、ひたすら耐えることもできる。グアダラハラ戦がまさにそ… […]

スポンサーリンク

サッカー日本代表コラム

Number WEB

スポンサーリンク

欧州サッカーコラム

Number WEB

海外サッカーコラム│J SPORTS

  • イングランド プレミアリーグ 第26節の見どころ

    リヴァプール vs. ボーンマス 2試合連続ドローゲームと勝ちきれないリヴァプールがホームに10位ボーンマスを迎える。 リーグ杯決勝の関係で第27節の試合を6日に前倒しで行ったシティがエヴ... […]

  • イングランド プレミアリーグ 第25節の見どころ

    レスター vs. マンチェスター・ユナイテッド ミッドウィークに首位リヴァプールと対戦したレスターは1-1のドローで連敗を2で止めたが、順位は11位に後退。 対するユナイテッドはバーンリー... […]

  • イングランド プレミアリーグ 第24節の見どころ

    ニューカッスル vs. マンチェスター・シティ マンチェスターCは1月の公式戦ここまで7試合すべてに勝利。 その間、30得点1失点と驚異的な数字を残している! 前節のハダースフィールド戦... […]

  • イングランド プレミアリーグ 第23節の見どころ

    アーセナル vs. チェルシー 公式戦197回目のビッグロンドン・ダービー。 5位アーセナルと4位チェルシーの対戦。 開幕2連敗以降、公式戦22戦負けなしと驚異的なV字回復を見せたアーセ... […]

  • イングランド プレミアリーグ 第22節の見どころ

    ウェストハム vs. アーセナル FAカップのため、1週間空いたプレミアリーグ第22節。 アーセナルにとっては、前節のフルアム戦に続き2節連続のロンドンダービーとなる。 序盤は一時、最下... […]

  • イングランド プレミアリーグ 第20節の見どころ

    リリヴァプール vs. アーセナル 年内ラストのビッグマッチ! 首位リヴァプールと5位アーセナルの一戦。 今シーズン未だ負けなしのリヴァプールは、現在8連勝中!このまま無敗で年を越せるの... […]

  • イングランド プレミアリーグ 第19節の見どころ

    リヴァプール vs. ニューカッスル リヴァプールは前節、難敵ウルヴスをアウェーで降しクリスマスを無敗での首位通過。 さらに以前チームを率いていたホジソン監督からのサプライズなプレゼントもあり... […]

  • イングランド プレミアリーグ 第18節の見どころ

    チェルシー vs. レスター ともにミッドウィークにリーグ杯があり過密日程の中で迎える今節。 中2日のチェルシーはアザールに注目。 リーグ杯のボーンマス戦では後半途中出場から決勝ゴールを奪... […]

  • イングランド プレミアリーグ 第17節の見どころ

    サウサンプトン vs. アーセナル ハーゼンヒュットル新監督の初陣となった前節カーディフ戦を勝利で飾れなかったサウサンプトン。 ここまでわずか1勝のみで12試合勝ちがなく、降格圏の19位に沈ん... […]

  • イングランド プレミアリーグ 第16節の見どころ

    マンチェスター・ユナイテッド vs. フルアム ミッドウィークに行われた前節のアーセナル戦は得点を献上すると、すぐに追いつくという展開で2-2のドローで終えたマンチェスターU。 これでリーグ... […]