【最新コラム一覧】サッカー日本代表・欧州サッカー・有名コラムのまとめ

速報ニュース

サッカー日本代表コラム・欧州サッカーコラム・有名サッカーコラム(金子達仁/杉山茂樹/湯浅健二/後藤健生/宇都宮徹壱/セルジオ越後/熱血秋田塾)を、1時間毎に最新のコラム情報をお届けします。

スポンサーリンク

サッカー人気コラム ランキング

1位:金子達仁コラム

神奈川県横浜市出身。法政大学第二高等学校を経て、法政大学社会学部卒業。

大学卒業後、当時『サッカーダイジェスト』の編集者だった富樫洋一の誘いで日本スポーツ企画出版社に入社、『スマッシュ』、『サッカーダイジェスト』の編集者を経て1995年にフリーになる。その後スペイン・バルセロナに移住。

1997年、サッカー・アトランタオリンピック代表を取材し、『Sports Graphic Number』誌に掲載された『叫び』『断層』(後に大幅な加筆修正のうえ『28年目のハーフタイム』として上梓)でミズノスポーツライター賞受賞。サッカーを中心にノンフィクション作品を手がける。

代表作にJ1参入決定予備戦・アビスパ福岡vs川崎フロンターレ戦(1998年11月19日)のルポルタージュ『神を見た夜』(のち『バックパスの行方』と改題、改筆し『魂の叫び J2聖戦記』に収録)や、1999年のJ2最終節を扱った『秋天の陽炎』など。

またスカパー!などでサッカー解説者も務めるが、肩書きは「解説」ではなく「ゲスト」となっている(ただし、ニッポン放送のみ元々「解説」ではなく「サッカーコメンテーター」という肩書きを採用しているため、この肩書きがそのまま使用される)。

参照元:金子達仁│Wikipedia

【コラム】金子達仁│スポニチ・アネックス

【コラム】金子達仁 ― スポニチ Sponichi Annex サッカー
なでしこが他国でも愛されていることを忘れないで
スポンサーリンク

2位:杉山茂樹コラム

神奈川県横浜市出身。法政大学第二高等学校を経て、法政大学社会学部卒業。

大学卒業後、当時『サッカーダイジェスト』の編集者だった富樫洋一の誘いで日本スポーツ企画出版社に入社、『スマッシュ』、『サッカーダイジェスト』の編集者を経て1995年にフリーになる。その後スペイン・バルセロナに移住。

1997年、サッカー・アトランタオリンピック代表を取材し、『Sports Graphic Number』誌に掲載された『叫び』『断層』(後に大幅な加筆修正のうえ『28年目のハーフタイム』として上梓)でミズノスポーツライター賞受賞。

サッカーを中心にノンフィクション作品を手がける。

代表作にJ1参入決定予備戦・アビスパ福岡vs川崎フロンターレ戦(1998年11月19日)のルポルタージュ『神を見た夜』(のち『バックパスの行方』と改題、改筆し『魂の叫び J2聖戦記』に収録)や、1999年のJ2最終節を扱った『秋天の陽炎』など。

またスカパー!などでサッカー解説者も務めるが、肩書きは「解説」ではなく「ゲスト」となっている(ただし、ニッポン放送のみ元々「解説」ではなく「サッカーコメンテーター」という肩書きを採用しているため、この肩書きがそのまま使用される)。

参照元:杉山茂樹│Wikipedia

杉山茂樹のBLOGマガジン

杉山茂樹のBLOGマガジン - ライブドアブログ
サッカー番長こと、スポーツライター杉山茂樹のブログ。
スポンサーリンク

3位:湯浅健二コラム

武蔵工業大学卒業後、1976年に西ドイツ(当時)のケルン体育大学へ留学。1977年にドイツサッカー協会公認指導者資格「B級ライセンス」、1979年に同「A級ライセンス」取得。1981年に「スペシャルライセンス(プロサッカーコーチライセンス)」を取得し同大学の専門課程修了。

1982年に読売クラブ(現東京ヴェルディ)の専属コーチに就任。1983年からはドイツ人のルディ・グーテンドルフ監督の下でトップチームのコーチを務めた。

サッカージャーナリストとして著書多数。Jリーグでは、浦和レッズを中心に、関東のチームについて言及を行うことが多い。

参照元:湯浅健二│Wikipedia

  • ブッフバルトがもたらした勇気。

    [超攻撃的サッカーのススメ]ブッフバルトがもたらした勇気。湯浅健二=文text by Kenji Yuasa  「前にスペースがあるのに仕掛けていかないのは、どう考えても不自然だ。リスクを負わな […]

湯浅健二のサッカーホームページ

トピックス
スポンサーリンク

4位:後藤健生コラム

日本のサッカージャーナリストの先駆者の一人である。

1964年に東京オリンピックのハンガリー五輪代表対モロッコ五輪代表で初めてサッカーを観戦して以来、現在まで観戦した試合は5,000試合以上を数えている。また1974年のワールドカップ・西ドイツ大会以降、ワールドカップやUEFA欧州選手権などの主要国際大会を現地で取材を続けた。『国立競技場の100年 明治神宮外苑から見る日本の近代スポーツ』で2013年度ミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞している。

学生時代は日本最古のクイズサークル「ホノルルクラブ」に所属する有名なクイズマニアでもあった(初めて海外サッカーの試合を観戦したのも、1972年に優勝した「クイズグランプリ」(フジテレビ)の優勝賞品である欧州旅行で欧州を訪れた際のものである)。

Jリーグや高校サッカー、欧州CLも生観戦して取材・執筆活動を続けている。後藤も政治学博士というサッカージャーナリストとしては異色の経歴を持ち、国際関係論や政治的視点を用いた独特の切り口からのサッカー史、サッカー文化考察も行っている。

基本的にコラムでは試合経過の著述、著作では日本や世界のサッカーの歴史や社会背景についての記述が多く、ほぼ独力での取材でまとめた『日本サッカー史・日本代表の90年』は、過去のサッカー記録集として数年に一度改訂された。ただし、一方で戦術理論については深く言及することは少ない。また、近年はコラムや出演番組中での発言[1][2]が問題になったこともあった。

参照元:後藤健生│Wikipedia

    Feed has no items.
    Feed has no items.

後藤健生コラム│サッカーダイジェストWeb

後藤健生 | サッカーダイジェストWeb
サッカーダイジェスト、ワールドサッカーダ...

後藤健生コラム│スポーツナビ

後藤健生 - スポーツナビ
スポーツ総合サイト、スポーツナビのコラム一覧。野球、サッカー、競馬をはじめ、スポーツ全般を執筆している後藤健生のプロフィールや一覧を掲載しています。
スポンサーリンク

5位:宇都宮徹壱コラム

大学院修了後、映像制作会社を経て、1997年から写真家・ノンフィクションライターとしての活動を開始。当初、旧ユーゴスラビア諸国等の旧社会主義国のサッカー事情について精力的に取材活動を行う。ワールドカップについては、1998年から取材を行っているが、スポーツ・ポータルサイトスポーツナビの特派員となった2002年以降、取材活動を本格化。

なお、ワールドカップにおけるスポーツナビとの連携は2006年、2010年も継続。

2009年、ヨーロッパ各地のサッカー事情を取材した著書『フットボールの犬』が第20回ミズノスポーツライター賞の最優秀賞を受賞。

現在は、東欧を始めとするヨーロッパだけでなく、JFLや地域リーグなども取材対象としている。自称マスコット評論家。

参照元:宇都宮徹壱│Wikipedia

宇都宮徹壱コラム│スポーツナビ コラム

宇都宮徹壱 - スポーツナビ
スポーツ総合サイト、スポーツナビのコラム一覧。野球、サッカー、競馬をはじめ、スポーツ全般を執筆している宇都宮徹壱のプロフィールや一覧を掲載しています。

宇都宮徹壱コラム│サッカーダイジェストWeb

宇都宮徹壱 | サッカーダイジェストWeb
サッカーダイジェスト、ワールドサッカーダ...
スポンサーリンク

人気解説者コラム

セルジオ越後「ちゃんとサッカーしなさい」

  • 神戸はサポ裏切った、監督は誰なのか/セルジオ越後

    J1も後半戦に入り、優勝争いも残留争いもこの夏場から本格化する。 ここまでを見ていると、東京や横浜が頑張っているというより、上位に絡んでもおかしくない他チームが結果を出せていないという印象だ。浦和や名古屋はお金をかけた成果が出ていない。… […]

  • 久保建英は騒ぎすぎ 冷静に見守って/セルジオ越後

    今夏の移籍で最も注目されたのはRマドリード入りした久保建英だろう。 でも僕に言わせれば騒ぎ過ぎ、過剰反応だ。確かにレアルのトップチームは世界最高峰で、久保も米国での親善試合には合流している。ただ、実際にシーズンに入ったら、プレーするのは… […]

  • 久保に巧さもまだ課題 守備で貢献を/セルジオ越後

    久保のボール扱いのうまさ、足技は認める。将来への期待も大きい。だが、世界トップを相手に戦うにはまだ課題がある。 まずはさらに体力や筋力を上げて、南米選手権のような舞台でも当たり負けしない、守備でも貢献できるようになってほしい。今回は戦術… […]

  • 目立った柴崎 若手は体力で頑張れ/セルジオ越後

    選手交代を含め、もう少し早い時間帯で2点目を取りにいく仕掛けが欲しかった。守ってカウンター狙いだけでは厳しい。リスクを冒してもサイドバックが上がるようなことが必要だったんじゃないかな。結局相手を楽にさせてしまい、途中出場の攻撃的選手も、… […]

  • 三好2発で久保は次戦で真価問われる/セルジオ越後

    20年ぶり招待出場の日本(FIFAランキング26位)が、MF三好康児(22=横浜F・マリノス)の衝撃2発で同8位のウルグアイと2-2で引き分け、勝ち点1をもぎ取った。  ◇ ◇ ◇ 少ないチャンスをものにして、よく守って、勝ち点1をもぎ… […]

  • 久保のRマドリードトップ昇格はお預け/セルジオ越後

    日本対チリ チリに敗れ、悔しそうに引き揚げる久保(左)(撮影・河野匠) あるべき差が出た試合だった。0-4なのにチャンスをつくっただけで「ポジティブ」と喜んでいることが、チリとの差だ。シュート数は互角でも、枠内シュートの割合は低い。1対… […]

  • 久保建英の真価は南米選手権での結果/セルジオ越後

    日本対エルサルバドル 後半、ドリブルで攻め上がる久保(撮影・たえ見朱実) 出場した時間帯と相手のレベルを考えると、この日のプレーで久保を評価するのは難しい。彼のせいじゃない。チームの悪い流れに巻き込まれた感じだ。チームは前戦に続き、ボー… […]

  • 日本代表は梅雨入り…格下に情けない/セルジオ越後

    日本対トリニダード・トバゴ 試合を終え、悔しそうな表情で天を仰ぐ大迫(撮影・横山健太) 「日本代表は愛知から梅雨入りしました」という感じだ。ベストメンバーを出しながら、結果も内容も情けない。格下の相手に引いて守られ、崩せない。アジアの戦… […]

  • 久保建英は結果出すことが求められる/セルジオ越後

    今回の南米選手権に向けた日本代表メンバー発表で、やっと東京五輪対策が本格的に動きだしたという印象だ。遅すぎるくらいだ。 五輪代表は予選がないだけに、しびれる試合の経験が足りない。今回はオーバーエージ(OA)の選手を入れて、南米の強豪との… […]

スポンサーリンク

熱血秋田塾

  • 久保と中島の共存可能 ミス4つで失点直結/秋田豊

    失点場面、岩田の競り負けが目立ったが、他にも細かいミスがいくつも重なった。相手CKを板倉が頭でクリアしたが、そのクリアが小さく中央の相手に渡った。クリアの鉄則は大きく、遠く。その後、左に展開され、また板倉がチェックに行ったが、そこの詰め… […]

  • DFと中盤が間延び…生命線修正できず失点/秋田豊

    日本対チリ チリに敗れ、疲れたような表情で引き揚げる森保監督(撮影・河野匠) 開始2分で違和感があった。DFラインと中盤の距離が異常なほど間延びしている。森保監督は縦のラインがコンパクトで、巧みなDFラインのコントロールが生命線なのに、… […]

  • 2選手置き去りシュート、久保建英のすごさ/秋田豊

    エルサルバドル戦の後半、DF2人を置き去りにするMF久保建英(2019年6月9日撮影) サッカー日本代表MF久保建英(18=FC東京)が、9日の国際親善試合エルサルバドル戦(ひとめぼれスタジアム宮城)で待望のA代表デビューを果たした。史… […]

  • 森保ジャパン初3バックはまだ第1歩の段階/秋田豊

    就任15戦目で初めて「広島時代の代名詞」3バックを試した。「森保さんの代表での3バックはどんなんだろう?」。最初3-4-3で並んだ時、ファンだけではなく、我々サッカーに関わっている関係者もワクワク感があった。今まで4バックで一定の結果を… […]

スポンサーリンク

サッカー日本代表コラム

Number WEB

スポンサーリンク

欧州サッカーコラム

Number WEB

海外サッカーコラム│J SPORTS

    Feed has no items.
タイトルとURLをコピーしました