【速報ニュース】サッカー日本代表の最新ニュース

日本代表

有名サッカーサイト情報(日刊スポーツ、ゲキサカ、SANSPO.COM(サンスポ)、Number Web(新着コラム))を1時間毎に速報ニュースとして更新します。

最新のサッカー日本代表のニュースを得たい方は是非御利用くださいね。

スポンサーリンク

サッカー日本代表速報ニュース

日刊スポーツ

  • なでしこGK平尾、初のW杯へ「世界一になりたい」

    サッカー女子ワールドカップ(W杯)フランス大会(6月7日~7月7日)の日本女子代表(なでしこジャパン)メンバーに選出されたアルビレックス新潟レディースのGK平尾知佳(22)が22日になでしこジャパンの事前合宿に合流する。 W杯に向け本格… […]

  • 代表選考に影響か…森保監督が負傷の遠藤航に言及

    モンテディオ山形が敵地で徳島ヴォルティスに1-1で引き分け、首位を守った。 2-2だった町田と京都の会場では日本代表の森保一監督(50)が視察。試合後、ベルギーリーグ最終節で負傷退場したシントトロイデンMF遠藤航(26)に言及。「けがの… […]

  • なでしこ植木が右膝痛め途中交代、W杯に黄色信号

    なでしこの若きスピードスターのワールドカップ(W杯)行きに黄色信号だ。女子W杯フランス大会(6月7日開幕)前最後のリーグ戦となった、なでしこリーグ第9節が19日、長野市内などで行われ、日テレの日本代表FW植木理子(19)が試合中に右膝を… […]

  • U20日本、非公開練習試合でコロンビアに逆転負け

    ポーランドで23日に開幕するサッカーのU-20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)に臨む日本代表は17日、ポーランドのバルカでU-20コロンビア代表と非公開で練習試合を行い、1-2で逆転負けした。 大会開幕前の最後の実戦で、前半7分に斉… […]

  • 法大・上田綺世9年半ぶり大学生A代表誕生へ

    約9年半ぶりの大学生A代表が誕生する。南米選手権ブラジル大会(6月14日開幕)に臨む日本代表に、法大3年のFW上田綺世(あやせ=20)の選出が内定していることが17日、分かった。 U-22日本代表のトゥーロン国際(6月1日開幕)遠征メン… […]

  • 大体大・田中駿汰U22代表選出「頑張ってきます」

    U-22日本代表が出場するトゥーロン国際(6月1日開幕)のメンバー発表が17日、東京・本郷のJFAハウスで行われ、大体大のDF田中駿汰(21)が選出された。 メンバー22人のうち、大学生は4人となった。大阪・履正社高で15年全国高校総体… […]

  • 森保監督メンバー発表「期待込めて」トゥーロン国際

    U-22日本代表が出場するトゥーロン国際(6月1日開幕)のメンバー発表が17日、東京・本郷のJFAハウスで行われ、AとU-22兼任の森保一監督(50)が取材対応した。 (1)U-20ワールドカップ(W杯)ポーランド大会(5月23日開幕)… […]

  • 伊藤達哉、小川航基ら トゥーロン国際メンバー一覧

    日本サッカー協会は17日、都内で東京オリンピック(五輪)世代のU-22日本代表で臨むトゥーロン国際大会(6月1日開幕、フランス)の代表メンバー22人を発表した。 MF伊藤達哉(ハンブルガーSV)ら海外組は2人、FW小川航基らJリーガー1… […]

  • 「FKの壁に攻撃選手入れない」6・5親善試合適用

    日本協会は16日、3月に国際サッカー評議会が発表した競技規則改正について、J1では8月2日から、日本代表戦では6月5日のトリニダード・トバゴ戦(豊田ス)から適用すると発表した。 主な変更点はFKの壁に攻撃側の選手が入れないことなど。国際… […]

  • 日本代表森保監督、ビール工場で試飲「新鮮でした」

    日本代表の森保一監督(50)が16日、6月9日のキリンチャレンジ杯エルサルバドル戦(ひとめS)を行う宮城県の村井嘉浩県知事を表敬訪問する前、仙台市内のキリンビール仙台工場を訪れた。 歓迎セレモニーでは「一番搾り麦汁」と「二番搾り麦汁」の… […]

スポンサーリンク

ゲキサカ

  • トレーニングキャンプ行うU-15日本代表候補メンバーを発表

     日本サッカー協会(JFA)は20日、U-15日本代表候補メンバーを発表した。同代表は今月26日~29日まで東京および千葉でトレーニングチャンプを行う。■スタッフ監督:森山佳郎コーチ:廣山望コーチ:濱崎芳己GKコーチ:高桑大二朗コンディショニングコーチ:中馬健太郎■選手▼GK宮本流維(名古屋U-18)松原快晟(讃岐U15)佐賀鉄生(JFAアカデミー福島U15)▼DF金坂励耶(山口U-18 […]

  • U-19日本女子、大澤の“30m弾”で地元フランス撃破!大会2位で遠征終える

     U-19日本女子代表は18日、第2回SUDレディスカップでU-19フランス女子代表と対戦し、1-0で勝利。大会を2位で終えた。 同大会は6チームによる総当たり戦で順位を決める。日本は初戦でメキシコに3-2で競り勝つと、第2戦でガボンに11-0で完勝。第3戦は0-1で北朝鮮に敗れたものの、第4戦でハイチを3-0で下していた。 最終戦となった地元フランスとの一戦は、後半6分にFW大澤春花が […]

  • U-22代表初招集のMF相馬勇紀…森保監督が期待するのは「オンの仕掛け」

     初招集ながらもチーム最年長になる。名古屋グランパスMF相馬勇紀は第47回トゥーロン国際大会に臨むU-22日本代表に初めて選出された。 97年2月25日生まれの22歳。特別指定だった昨季はJ1リーグ9試合1得点を奪うだけでなく、3アシストを記録するなど得点機を演出。早稲田大から名古屋に加入した今季も開幕戦で得点を挙げて好スタートを切ったものの、先発の座をつかめずに第11節では今季リーグ戦 […]

  • 唯一“飛び級”招集の17歳MF松岡大起…森保監督「年齢は関係ない」

     U-20W杯メンバー選出は叶わなかった。しかし、それから10日後に発表された第47回トゥーロン国際大会に臨むU-22日本代表にサガン鳥栖MF松岡大起は初選出された。 01年6月1日生まれの17歳は、鳥栖U-18に所属しながらもトップチームに2種登録され、今季のJ1リーグ第2節神戸戦でスターティングメンバ―に名を連ねてJデビュー。第11節終了時点で9試合(先発7試合)出場と、その後もコン […]

  • 相馬勇紀、田中碧ら5選手を初招集…トゥーロンに臨むU-22日本代表発表

     日本サッカー協会(JFA)は17日、第47回トゥーロン国際大会に出場するU-22日本代表を発表した。MF相馬勇紀(名古屋)、MF高宇洋(G大阪)、MF田中碧(川崎F)、MF川井歩(山口)、MF松岡大起(鳥栖)、DF田中駿汰(大阪学院大)の5選手が同代表初招集となった。 A組に入る日本は現地時間6月1日にイングランド、4日にチリ、7日にポルトガルと対戦。なお、森保一監督は同大会期間はA代 […]

  • 「日本になかなかいない」タイプの大阪体育大DF田中駿汰…U-22日本代表に初選出

     5人が初招集となった中で大学生はただ一人だった。第47回トゥーロン国際大会に臨むU-22日本代表に大阪体育大DF田中駿汰は名を連ねることになった。「大学選抜の試合を見て、短期間だけどスタッフで手分けして選手の状況やレベルの部分を追っていた」という森保一監督は、「今回のメンバーに選んでも戦力として十分できるだろうし、もっともっと成長してくれる選手」と招集を決断した。 97年5月26日生ま […]

  • キリンチャレンジ杯とコパ・アメリカで日本代表はやはり別チーム、発表日も別日に

     日本サッカー協会(JFA)は、来月日本代表が行うキリンチャレンジ杯および、コパ・アメリカに出場するメンバーの発表日を明かした。 6月5日に豊田スタジアムで行うトリニダード・トバゴ、同9日にひとめぼれスタジアム宮城で行うエルサルバドル戦のキリンチャレンジ杯2試合を戦うメンバーは5月23日13時30分より。 日本時間6月18日に初戦のチリ戦を迎えるコパ・アメリカを戦うメンバーは、5月24日 […]

  • 日本は意外と“大型”傾向? U-20W杯参加国の登録メンバー発表

     国際サッカー連盟(FIFA)は15日、ポーランドで行われるU-20ワールドカップの選手リスト504人分を公開した。同大会には24か国が参戦。2大会連続出場のU-20日本代表は他国よりも若手選手が多く、長身選手が多いことが明らかになっている。 公開されたのは参加24か国の選手リスト。登録選手21人の名前、背番号、ポジション、生年月日、所属クラブ、身長がそれぞれ記されており、FIFA大会サ […]

  • 「橋岡の穴を感じさせない」菅原、小林、瀬古らU-20代表“00ディフェンス陣”の強み

     U-20ワールドカップに臨むU-20日本代表は核だった一部主力が抜けたため、より一体感とまとまりが重要な状況になった。DFラインに関しては、橋岡大樹 (浦和)が直前の負傷でメンバー外。本職のセンターバックは瀬古歩夢(C大阪)、小林友希(神戸)、三國ケネディエブス(福岡)の3人となったが、瀬古の言葉は頼もしかった。「今まで(橋岡)大樹に引っ張ってもらっているところも正直、多々ありました。 […]

  • 負傷離脱に泣いた過去…“飛び級”MF斉藤光毅は「特別な思い」でW杯へ

     U-20日本代表MF斉藤光毅(横浜FC)は2017年秋、負傷した状態でU-17W杯のメンバー入りを果たしたが、参戦先のインドで再び負傷し、無念の帰国となった過去を持つ。「出られなくて悔しい思いをしたので、W杯には特別な思いがある」。10日後に控えるU-20ワールドカップは2年越しにたどり着いた世界舞台。今度こそ、自らの能力を世界に知らしめる構えだ。 横浜FCアカデミーで育った斉藤は20 […]

  • 久保、安部、大迫に負傷の橋岡、谷も選外…U-20W杯メンバー21人を発表!!

     日本サッカー協会(JFA)は7日、今月23日からポーランドで開催されるU-20ワールドカップに臨むU-20日本代表メンバー21人を発表した。 メンバーリストには主力候補だった5人の名前がなかった。6月のコパ・アメリカでA代表初招集が見込まれるFW久保建英(FC東京)、MF安部裕葵(鹿島)、GK大迫敬介(広島)が招集を見送られたほか、DFリーダーの橋岡大樹(浦和)、GK谷晃生(G大阪)も […]

  • なでしこジャパンW杯メンバー23人の着用スパイクリスト発表!

     日本サッカー協会(JFA)は10日、都内で記者会見を行い、FIFA女子ワールドカップ2019に臨む日本女子代表(なでしこジャパン)のメンバー23人を発表した。全23人の着用スパイクをゲキサカで独自リサーチし、着用スパイクリストを集計した(※2019年5月10日時点での着用スパイクで集計)。 着用スパイクのメーカー毎の内訳はアディダス10人、ナイキ8人、ミズノ3人、プーマ2人となっている […]

  • なでしこジャパンW杯メンバー発表!岩渕真奈や阪口夢穂が復帰!!猶本ら選外

     6月7日にフランスで開幕する女子ワールドカップに出場する日本女子代表(なでしこジャパン)のメンバーが発表になった。 本大会でグループDを戦うなでしこジャパンは、初戦でアルゼンチン(日本時間6月10日25時キックオフ)、第2戦はスコットランド(同14日22時キックオフ)、第3戦はイングランド(同20日4時キックオフ)と対戦する。▽GK1 池田咲紀子(浦和レッズレディース)18 山下杏也加 […]

  • U-20日本代表W杯メンバー21人の着用スパイクリスト発表!

     日本サッカー協会(JFA)は7日、今月23日からポーランドで開催されるU-20ワールドカップに臨むU-20日本代表メンバー21人を発表。全21人の着用スパイクをゲキサカで独自リサーチし、着用スパイクリストを集計した(※2019年5月14日時点での着用スパイクで集計)。 着用スパイクのメーカー毎の内訳はナイキ11人、アディダス5人、プーマ3人、アンブロ1人、ミズノ1人となっている。アンブ […]

  • 若きサムライが取材陣に対応、U-20代表いざポーランドへ! (8枚)

     U-20ワールドカップに向け、千葉県内で合宿中のU-20日本代表は13日、流通経済大とトレーニングマッチ(45分×2本)を行い、5-0で勝利した。●U-20ワールドカップ2019特集ページ […]

  • ゴール決めた中村敬斗&宮代大聖、2度目のW杯で再び暴れる(8枚)

     U-20ワールドカップに向け、千葉県内で合宿中のU-20日本代表は13日、流通経済大とトレーニングマッチ(45分×2本)を行い、5-0で勝利した。●U-20ワールドカップ2019特集ページ […]

  • FC東京から2人目…原大智、千葉に“駆けつけ45分”(8枚)

     U-20ワールドカップに向け、千葉県内で合宿中のU-20日本代表は13日、流通経済大とトレーニングマッチ(45分×2本)を行い、5-0で勝利した。●U-20ワールドカップ2019特集ページ […]

  • 最終ラインはオール“00”。菅原、小林、三國、東がフル出場(12人)

     U-20ワールドカップに向け、千葉県内で合宿中のU-20日本代表は13日、流通経済大とトレーニングマッチ(45分×2本)を行い、5-0で勝利した。●U-20ワールドカップ2019特集ページ […]

  • ボレー先制弾伊藤洋輝&山田康太のWボランチ(8枚)

     U-20ワールドカップに向け、千葉県内で合宿中のU-20日本代表は13日、流通経済大とトレーニングマッチ(45分×2本)を行い、5-0で勝利した。●U-20ワールドカップ2019特集ページ […]

  • U-20代表トレーニングパートナー変更…怪我のC大阪U-18FW西尾が不参加、流経大MF熊澤を追加

     日本サッカー協会(JFA)は14日、U-20ワールドカップに参加するU-20日本代表の活動に合流予定だったトレーニングパートナーのセレッソ大阪U-18FW西尾隆矢が怪我のため不参加となり、流通経済大MF熊澤和希が追加で参加することになったと発表した。なお、期間は14日から25日までとなることが併せて発表されている。 日本は14日にポーランドに入り、現地でU-20コロンビア代表と練習試合 […]

スポンサーリンク

SANSPO.COM(サンスポ)

スポンサーリンク

Number Web(新着コラム)

  • U-20W杯に滑り込んだアタッカー。G大阪・中村の「敬斗ゾーン」を見よ。

    諦めなかった。僅かなチャンスでも逃さないつもりだった――。5月23日に開幕するU-20W杯に出場するU-20日本代表の最終メンバーに選出されたガンバ大阪の若きアタッカー・中村敬斗は、精悍な表情で今年初となる日本代表のシャツを身に纏い、本番前の国内最後の試合となった流通経済大学との練習試合(13日)のピッチに立った。 […]

  • 小林祐希、中島翔哉らと通ずるもの。東京V藤本寛也がU-20W杯で輝く理由。

    東京ヴェルディは、かつては育成王国と言われ、今もその伝統が受け継がれている。過去には菊原志郎、財前宣之ら天才と言われた選手を輩出、3月の日本代表に選出された小林祐希、安西幸輝、畠中槙之輔、さらには今や代表の中心になっている中島翔哉など、能力が高く、個性の強い選手が続々と生まれている。 […]

  • U-20W杯、10番主将は頼れる男。齊藤未月「闘争心をむき出しに」

    5月7日に23日から開幕するU-20W杯の最終メンバーが発表された。湘南ベルマーレのMF齊藤未月はメンバー入りを果たすと共に、10番とキャプテンという重責を担うことも明らかになった。 […]

  • 久保建英、安部裕葵ら不在のU-20W杯。鍵を握る2年前のイングランド戦とは。

    5月7日、JFAハウスにて23日からポーランドで開幕するU-20W杯の最終メンバー21名が発表された。チームを率いる影山雅永監督が、関塚隆技術委員長と共にメンバーの発表と質疑応答をしたが、その中でメンバー選考の試行錯誤を垣間見ることができた。 […]

  • W杯開幕を目前に控えたなでしこ。長谷川唯、岩清水梓たちの勝算。

    夜のグラウンドを煌々と照らしていたライトが消えた。時刻は午後8時半を回っている。 東京都稲城市、日本の女子サッカー界を牽引する日テレ・ベレーザの練習場。この日は午後5時半からミーティングを行い、6時にトレーニングをスタートした。全体練習は7時20分に終了したが、大半の選手が居残って個人練習に励む。 […]

  • 「黄金世代」と呼ばれて20年。日本サッカーに名を刻んだ若者たち。

    「あれから20年」そう切り出すと、3人それぞれに何とも言えない含みのある表情を見せた。1999年4月。のちに「黄金世代」と呼ばれる彼らは、ナイジェリアの地で世界を驚かす快進撃を演じて見せた。舞台は20歳以下の世界一を決するU-20W杯。手にした準優勝の栄冠と記憶は、20年の歳月が流れても決して色褪せない。 […]

  • 平成日本サッカーの夜明け(3)1995年のワールドユースが変えた物。

    1993年(平成5年)の“ドーハの悲劇”から2カ月後、U-18日本代表が立ち上げられた。 監督の田中孝司は'92年(平成4年)のアジアユース3位や“ドーハの悲劇”を発奮材料とし、さらには'93年のU-17世界選手権でのベスト8入りも踏まえ、「日本サッカーの歴史を変えよう」とのキャッチフレーズを打ち出す。 […]

  • 平成日本サッカーの夜明け(2)世界ベスト8に輝いた16歳の中田英寿。

    1993年(平成5年)の日本サッカーで、まず思い浮かぶのは5月のJリーグ開幕であり、10月の“ドーハの悲劇”だろう。プロサッカーリーグの華々しい開幕と、後半終了間際の失点によるワールドカップ予選敗退は、どちらも平成のサッカー史を代表するトピックスでもある。 […]

  • 平成日本サッカーの夜明け(1)1992年の西野朗と韓国の高い壁。

    平成という時代の日本サッカーを語るときに、誰もが起点と考えるのは1993年(平成5年)だろう。5月のJリーグ開幕と10月の“ドーハの悲劇”が、とてつもないターニングポイントとなったのは間違いない。 […]

  • 神戸の“教材”を手にU-20W杯へ!郷家友太の解答用紙は埋まる?

    開幕まであと1カ月に迫ったU-20W杯。 国内最後となった千葉合宿(4月14~16日)で、MF郷家友太(ヴィッセル神戸)は最終メンバー入りへのアピールとチームへの貢献の2つを視野に入れてプレーしていた。 […]

タイトルとURLをコピーしました